Raspberry Pi 3インストールから初期設定まで

インストール

今回は,2017-04-10-raspbian-jessie-lite.imgを使用しました. 各自公式からダウンロードしてきてください.

SDのフォーマット

SDを挿入してから,DiskUtilityを開いて,該当SDを初期化します. 右クリックして,「削除」を選択し,名前をつけて削除すると完了.

SDへ書き込み

$ diskutil list
...
/dev/disk4 (internal, physical):
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:     FDisk_partition_scheme                        *31.0 GB    disk4
   1:                 DOS_FAT_32 RASPBIAN                31.0 GB    disk4s1

該当のSDを見つけます. 以下のコマンドを実行し,SDに書き込む.(10分ほど?適当に放置して待ちましょう)

$ diskutil unmountDisk /dev/disk4
$ sudo dd if=path/to/file/2017-04-10-raspbian-jessie-lite.img of=/dev/disk4 bs=1m

以上を行うと準備は完了なので,RaspberryPiに挿入して電源を入れましょう

初期設定

初期のパスワード

user name: pi
password: raspberry

rootのパスワード設定

sudo passwd root

以下からはrootで行う

$ su -
password

Wifiの接続

$ export PASSWORD=password
$ export SSID=wifi-ssid
$ wpa_passphrase $SSID $PASSWORD >> /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

Time Zoneの設定

$ raspi-config

「4 Localisation Options」-> 「I2 Change Timezone」->「Asia」-> 「Tokyo」

SSHの有効化

$ raspi-config

「5 Interfacing Options」-> 「P2 SSH」->「Yes」

接続先IPは以下で確認

$ ip route
default via 192.168.1.1 dev wlan0  metric 303
192.168.1.0/24 dev wlan0  proto kernel  scope link  src 192.168.1.42  metric 303

今回の場合は192.168.1.42となります.

$ ssh pi@192.168.1.42

で接続できるはずです

おまけ

SSHのポート変更

/etc/ssh/sshd_configのPort 22を変更する

ユーザの追加と削除

追加

$ sudo adduser hoge
$ sudo gpasswd -a hoge sudo

削除

$ sudo userdel pi

公開鍵認証

$ ssh-keygen -t rsa
$ scp -P [port_number] ~/.ssh/id_rsa.pub [username]@[ip]:
$ ssh -P [port_number]  [username]@[ip]

raspberrypi側で,

$ mkdir .ssh
$ mv ~/id_rsa.pub ~/.ssh/authorized_keys
$ chmod 600 ~/.ssh/authorized_keys
$ sudo service ssh restart

ローカルのマシンの別ターミナルで

$ ssh -p [port_number] -i ~/.ssh/id_rsa [username]@[ip]

うまくsshできることが確認できたら

raspberry側で,

$ sudo vim /etc/ssh/sshd_config
- # PasswordAuthentication no
+ PasswordAuthentication no

と変更する

ssh configの設定

~/.ssh/configに以下を追記

Host raspberry
    Hostname [ip]
    Port [port_number]
    User [username]
    IdentityFile ~/.ssh/id_rsa

これを記載することで,sshを簡単にできる

$ ssh -p [port_number] -i ~/.ssh/id_rsa [username]@[ip] # 通常はこれ
$ ssh raspberry # configを設定することで簡略化できる

firewall

$ sudo apt-get install ufw -y
$ sudo ufw default deny
$ sudo ufw allow 80/tcp
$ sudo ufw allow [ssh port_number]
$ sudo ufw enable